白髪染めメカニズムを簡単に紹介

白髪染めは、一般的に2つの薬剤を混ぜて使いますね。

たくさんの種類がありますからすべてそうではないのですが、ここでは美容室や一般家庭でよく使われているもので説明します。

1剤には、酸化染料(ジアミン系の染料)とアルカリ剤(アンモニア)が、そして2剤には酸化剤(過酸化水素)が入っています。

まず1剤の中のアルカリ剤(アンモニア)が、2つの作用をします。

①髪の表面のキューティクルを一時的に開いて色の成分を髪の内部にしみこませる作用

②2剤の酸化剤である過酸化水素を分解して酸素を発生させる作用

次に、②で発生させた酸素がメラニン色素を分解して髪の毛の色を抜き、同時に1剤の酸化染料(ジアミン系の染料)の分子を結合させて発色させます。

1剤の酸化染料(ジアミン系の染料)は酸素の触れていないときは色がありませんが、②でできた酸素との反応(酸化反応)で発色することからこの名前がつきました。

発色した酸化染料の分子はキューティクルの下で結合して元の分子より大きくなるため、キューティクルの間から染料が逃げにくくなり、髪の毛の内部に色が定着するというしくみです。

白髪染めの多くのトラブルの原因は1剤の酸化染料であるジアミン系の染料の薬剤(パラフェニレンジアミン(PPDA)やパラトルエンジアミン(PTDA)など)が引き起こしているといわれています。

おしゃれ染め用のものではなく、専用の白髪染めとして販売されているものを使用しましょう。

ジアミン系薬剤のアレルギー反応によるトラブルの症状については、次の項目でご紹介したいと思います。