株のやり方、メリットやデメリットを知りたい

ネット証券の口座開設や株のやり方は、極めて簡単です。

利点も多くあります。

しかしそれ故に注意したい株取引の姿勢があります。

心得ておきましょう。

■メリットが大方からこそ普及も早かった。

ネット証券は1998年にスタートし、翌年には多くのデイトレーダーがネット証券を通じて株取引をするようになりました。

それは一気に普及したといっても良いほどで、普及スピードは速かったです。

ネット専門に立ち上げた証券会社が先陣を切り、それまでネット証券を開設していなかった店舗運営系の証券会社も続々と参入し現在に至っています。

普及がこんなに早かったのには理由があります。

「いつでも取引が行える」、「株取引のスピードが速い」、「手数料が安い」、「株式銘柄など株に関連した情報が一元管理できる」などです。

■自宅にいながらにしてボタン1つで株取引。

株取引をスタートするには、好みのネット証券会社にネット上から開設手続きを行うだけです。

承認手続きが終えればいつでも開始できます。

株のやり方としても、とくにむずかしいことはありません。

ログインして、指定銘柄・売買株数など必要項目を入力してボタンを押せば、即時に売買が成立します。

初心者の株のやり方としてきをつけるべきことはネットに関係なく、「株の売買の取引姿勢」にあります。

■まずやり方(株取引)・投資家の基本をマスターして、個人投資家としての自分自身の姿勢を決めましょう。

株取引は株価だけを追って売買益を稼ぐやり方もアリですし、企業を応援する意味で、中長期的に株を買うやり方もアリです。

ネットで手軽だからといって、最初から利益だけを追っていたらギャンブルと同じになってしまいます。

何しろ元手にしているのはネットであろうとなかろうと自身の資金です。

投資は必ずプラスになるというものではありませんので、マイナスになる可能性があるという事は常に頭に入れておきましょう。

逆に実際の資金を投入する事への不安感が拭えないようでしたら小額から、またはシミュレーションゲームを使ってある程度投資の知識を先に見につけるという方法もあります。

後々の事を考えるとはじめのうちは慎重である事に軸を置いた方が良いかもしれません。