株売買に関する情報を人より早く入手するにはどうしたら良い?

株式売買を成功させるやり方は、いろいろありそうに思うでしょうが、実は地道でアナログなやり方が王道です。

基本をお話ししておきましょう。

■マスコミ情報だけでは手遅れで古い。

株取引に関する情報入手には、大きく分けて3通りがあります。

1つ目は雑誌・テレビ・ネットなどのメディアから情報を得るやり方です。

2つ目は、業界筋の人や組織・流通などから直接情報を得るやり方です。

しかしこの2つとも、どちらかといえば素人のやり方であり、すでにみんなが情報を知ってしまっているので手遅れ~。

または業界筋の人からといっても、情報の根拠が不明といった危うさがあります。

■“連想ゲームを楽しむ”というやり方。

ではどうすれば良いのかというが、3つ目のやり方です。

新聞・流通紙などを丁寧に読んで裏取りをしたら、あとは自分の連想ゲームを楽しみながら、1つ先、2つ先の展開を先読みすることです。

株価の推移、業界の進展は、「こうなったから次はこうなる」、「この業界がこうなれば、関連する業界はこうなるはず」という投資家の連想にほぼ一致して動いています。

■鋭い先読みができるようになるには、キャリアと努力が必要ですが、良く利益を上げている投資家は少なくても、そうしたやり方を貫いています。

新聞やネットなどの関連記事によく目を通していると、記事と株価の連動性がわかるようになります。

あとは何手先を読んで、どこの株を買うかです。

連想に強くなることが、個人投資家に求められている王道のやり方です。