確実に儲かる株のやり方はあるの?

株取引は欲望との闘いです。

冷静になって利回りを設定したら、それ以上の値上がりを追わず売却することが確実に儲かる株のやり方です。

お話しておきましょう。

■利回りを設定して売買を繰り返せばOK。

第一に株は元本保証ではなく、値上がりする株だけではないので、“確実に儲かる株のやり方”をお教えするのは不可能です。

初心者であるなら、儲かる可能性は極めて少ないです。

理由は簡単で、目先の利益だけにとらわれるからです。

中には天才的な投資家がいて、何億円という利益を上げている人もいますが、そのような人はごく稀です。

それを前提に考えるなら、利回り5~10%を上限に売買を繰り返していけば、計算上では1年で300万円程度にはできます。

■一部上場でも黒子の会社を狙うやり方。

確実とは言えませんが、一部上場の株式でも目立たない黒子の技術をもっている会社の株を買うことです。

目立った株を買うやり方では、安定性に欠け、何かの不祥事があればいっきに株価が下がります。

関連記事:キリン株主総会、上場来初の赤字も「閑古鳥」 | 食品 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

工作機械、燃料効率、水質改善、自動化機械などが狙い目です。

注目株に目を向けるのではなく、注目株となった理由に目を向け、その源となるジャンルの隠れた技術開発会社に目を向けましょう。

■株取引はどんなやり方・かけ方をするかで結果が変わります。

「隠れた会社の株×今後の社会に必要な技術力」が、手堅く儲ける投資先です。

日本の労働人口は縮小する一方なので、マクロ効果の高い、社会インフラ系の自動化機械やサポート技術を有する会社の株が有望です。

手堅い利回りを設定したら、あとは将来性のある会社に投資するというやり方で、利益を増やしていきましょう。